ヒアルロン酸サプリの副作用は?安心の品ランキング!!

ヒアルロン化粧水の正しい選び方

 

保湿保水力に優れたヒアルロン酸、化粧水などによく目にしますね.。これを有効活用するために、ヒアルロン酸の種類や肌に浸透しやすくなる方法を知りましょう。

 

◇種類
肌の真皮に備わるヒアルロン酸は化粧水を塗ったとき真皮まで浸透してくれるわけではありません。表皮の外側の角質層の保水目的に化粧水に含まれます。まずはここを誤解なくおさえておきましょう。

 

ヒアルロン酸は高分子で、粘性が高いことが特徴。浸透力は低いですが、肌バリアをサポートしてくれます。次に加水分解ヒアルロン酸。こちらはヒアルロン酸とは逆に超低分子、低粘性。表面に水分の膜を作りつつ角層に浸透して保水してくれます。

 

そしてアセチルヒアルロン酸、いわゆるスーパーヒアルロン酸です。粘性が低くさらっとしています。肌表面にとどまり効果的に角層を保水しまた水分の蒸散を防いでくれるのです。

 

・使い方
洗顔後、入浴後などは肌全体が乾燥している状態。化粧水で肌状態を整えましょう。とくにかさつきが気になる所を重点的に、適量をなじませると○。

 

化粧水は手で少し温めてからなじませること、そして指でなく手の平すべてで包み込むようになじませるのがコツです。肌に手が吸い付くような感触が肌が潤っているという状態なので、目安として。

 

肌の乾燥状態にそってヒアルロン酸の種類を使い分け、乾燥に負けない肌をつくりましょう。

 

ヒアルロン酸による豊胸

 

◇ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で人体組織に既存する成分であるために、体内に入れたとしても拒否反応が起きることなく、安全性は高いといえます。ので、豊胸だけの話でなく目や口もと、あご、鼻などの整形にも広く用いられています。

 

施術はメスでなく注射で行う為、量によって多少左右しますが大体2〜30分程度と極めて短時間であるのが特徴。ただ大きくする、というだけでなく希望のサイズ形にそって注入する量や箇所の調整が可能です。

 

クリニックや個人の体質にも関わりますが基本片方の胸には80〜150cc注入できます。注入量には限界があるため、大きくバストアップしたいというより気持ち1カップ程度大きくしたい方に適していると言えます。

 

◇継続期間
個人差があるのですが、ヒアルロン酸注入によるバストアップ効果が持続するのは2〜3年程度。効果が薄れてきたと感じたら追加注入もできます、時期については医師と要相談。ヒアルロン酸というのは低分子なためある程度期間が経つと体内に吸収され、継続が出来ないというのが問題でした。

 

しかし最新の低吸収化されたヒアルロン酸は分子を大きくされているので吸収時間が大幅に広がりをみせ、10年以上もバストアップに望めるといわれています。また吸収力の低い乳腺と胸筋の間に的確に注入すれば継続期間を延ばすことも。

 

身体にメスをいれず、安全なヒアルロン酸を利用した豊胸手術は気軽にバストアップを望む女性にふさわしいと言えるでしょう。

 

ヒアルロン酸を増やす食べ物

 

ヒアルロン酸は体のあらゆる場所にありその細胞同士をつなぐ役目をもっています。高分子、粘性の高さが特徴です。皮膚や筋肉、軟骨、血管などの組織中に存在し、人間に限らず動物の体内にも存在するため食べ物から摂取することが可能です。

 

・食べ物
鶏の軟骨、手羽、鶏冠、豚足やふかひれなどがヒアルロン酸の多く含まれる食材です。野菜ではオクラや納豆など粘り気のある食材に含まれますね。

 

多くの食材に含まれるヒアルロン酸は、摂取したものの高分子であるため吸収力が悪いという難点があります。

 

・効果的な摂取法
何が最適かというとやはりサプリメント。多くのサプリには、低分子ヒアルロン酸あるいはナノヒアルロン酸が使用されています。効率や吸収力を考えれば食べ物で摂取するよりもサプリで摂取する方が良いでしょう。

 

ただ、安価な商品は高分子の吸収力にかけるヒアルロン酸であることが多いので、価格は上がりますが自然に体内に吸収されやすいヒアルロン酸を選ぶのがお勧めです。

 

Copyright (C) 2016 ヒアルロン酸サプリに副作用あるの?安心ランキング All Rights Reserved.