トップページ ≫ 引越し時の冷蔵庫の取扱い

引越し時の冷蔵庫の取扱い

引越しになると、様々な物を住まいから運び出しますが、家電で大変なものとしては、冷蔵庫が挙げられます。冷蔵庫は、どの住まいにおいても利用されている家電であり、生活する上で必要不可欠なものです。

 

冷蔵庫は、大きく重量があるため、一人で運び出すのは、困難であり、複数で運び出すのが普通ですが、運び出す際に床や壁を傷付けたり中身が入っているため破損させてしまう危険もあります。そのような事から引越しする際に冷蔵庫の注意事項やポイントをいくつか書きます。

 

まず、引越し前日までに冷蔵庫の電源を停めて中は、空にしましょう。もし、空にする事が出来ない場合には、物によって袋や箱に移し替えるようにしましょう。続いて、氷を作る際に使用する水や蒸発皿の水分を捨てましょう。通常、この作業は、引越し業者に依頼した場合、冷蔵庫を運び出す際に行いますが、すぐに出来る事であるため自分で行いましょう。

 

冷蔵庫を運び出す場合、引越し業者に依頼しているのであれば、問題ないのですが、もし、自ら運び出す際には、必ず縦にして運び出すようにしましょう。何故、必ず縦にして運び出さなければならないのか?それは、極端に傾けたり横向きにして運び出すと冷蔵庫内にある圧縮機のオイルが冷却システムに入ってしまい故障する原因となるからです。

 

冷蔵庫を新居の指定の場所に設置したら電源を入れて数時間経って後、冷蔵庫のドアを開けるようにしましょう。これは、冷蔵庫内にあるオイルなどを安定させるために必要であり、電源を入れてから冷蔵庫のドアを開けるまでの時間は、メーカーによって変わるため、事前に確認しておきましょう。

Copyright (C) 2017 ヒアルロン酸サプリに副作用あるの?安心ランキング All Rights Reserved.